FC2ブログ

ベオウルフ/呪われし勇者

2000年01月01日 03:27

◆作品紹介◆
6世紀のデンマーク。フローズガール王が盛大な宴を催す中に、醜く巨大な怪物グレンデルが姿を現した。人々を虐殺したグレンデルに対し、王は褒賞を用意して討伐隊を募集。これに応じた戦士ベオウルフは、見事グレンデル撃退に成功する。戦勝を祝い再び華やかに繰り広げられる宴。しかし翌朝ベオウルフが目にしたのは、皆殺しにされた兵士たちの姿だった。彼はその犯人と思しきグレンデルの母親の元へと向かうが……。


レビューは続きから。
(注:ネタバレを含んでいるかもしれません。)
TSUTAYAの更新特典で新作・旧作問わず1本借りれたので
12日に久方ぶりにレンタルしてきました~。
普段はクーポンで旧作ばっかり借りているので折角だからと
今回は内容よりも最新作を探して借りたのが
11日レンタル開始の「ベオウルフ」だったのでした。

原作も知らないし下調べもせず借りたので3DやフルCGだということは
知りませんでした。3Dで見たかったなぁ~残念です。

内容は人間の欲深さや英雄であるための困難さを描いたもので
一人の女性の誘惑によって栄光の代償を負わされるフローズガール王と
ベオウルフ。アンジェリーナ・ジョリーの美貌なら落ちるわねぇw
彼女の金色に輝く肉体美も圧巻でしたがレイ・ウィンストンの
隆々たる腹筋にも惚れ惚れしましたw

自分の息子のドラゴンから妻と愛人(?)を護るため自らの腕を切り落とす
シーンは感動しました。ベオウルフの最期のセリフで過ちに苦しんで
いたことがよくわかります。

人間が騒がしくした為に暴れてしまったグレンデルが可哀想に
思えるのは私だけでしょうか?

⇒ ベオウルフ/呪われし勇者 - goo 映画
⇒ オフィシャルサイト
関連記事
スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://momo88.blog28.fc2.com/tb.php/949-6cf3db94
    この記事へのトラックバック