FC2ブログ

ウィンター・ソング

2010年01月18日 19:15

◆作品紹介◆
女優になる夢をかなえるために、自分を捨てた孫納(ジョウ・シュン)を
思い続ける林見東(金城武)。別離から10年後、ミュージカル映画の共演者として
再会した林見東と孫納は、映画で演じる男女に自分たちを重ね合わせ始める。
一方、孫納の恋人である監督の聶文(ジャッキー・チュン)は彼女の気持ちが
自分から離れるのを恐れ……。(シネマトゥデイ)


注意:続きネタバレあるかも
10年ぶりに再会した男女の愛の物語をミュージカル仕立てで綴るラブストーリー。
元々、金城武の演技が好きでギャオさんでたまたま配信されてたんで観たんですが
やっぱ金城武は演技力あるなーって思わせる映画でした。
金城武ファンなら甘く囁くようなミュージカル場面での歌声は必見ですw

ラストシーン、私だけかな・・
よくわからなかった(;´Д`)
結局、ジェントンとスン・ナーは離れてしまったのかな?

女優の夢を叶える為、「人間は誰でも自分が一番かわいいのよ」と
捨て台詞を吐いて出て行ったり、ジェントンの友達の助監督に
身体を許したり、そんなことをされても葛藤しながらも愛し続けるって…

一方では、スン・ナーを女優に仕立て上げた監督もまた
スン・ナーを愛するのだがジェントンへ向いているスン・ナーに対して
ミュージカルでの歌に自分の思いを自らが俳優として歌うシーンは切ない歌詞と
聞き惚れる歌声でジーンときました。

ミュージカル仕立ての映画は『ムーラン・ルージュ』『ダンサー・イン・ザ・ダーク』
など観たことありますが劇中劇の監督兼俳優役ジャッキー・チュン(ジャッキー・チェンじゃないよw)
の歌は圧巻でした。この俳優さん元々はシンガー希望だったそうです。
関連記事
スポンサーサイト





コメント

  1. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://momo88.blog28.fc2.com/tb.php/1350-b28e94ef
この記事へのトラックバック